ロココ猫④

こんにちは、フクマルアリスです

ロココ猫をレジン化したいのですがうまくいきません

img_0859

コートの裾に気泡が入ってしまうんです
img_0860

右腕も実は胴体に密着していないのでこれでは型を作るのが難しい状態です

で、パーツを分割することにしました
腕は接着面が狭いのでデザインナイフで切り取ることができました

お腹のあたりは、温めてからカットしてみます
スカルピーはオーブンなどで加熱しすると柔らかくなり
その後冷えていくに従ってカチカチに硬化していきます
この性質を利用してカットするのが一般的のようです

しかし、問題が
この猫さん、芯にエポパテ(と針金)が入っていて、そこのところ大丈夫なのか?

そもそも、分割の可能性のある部分には芯材を使わないようにする、カットしやすいものを芯にする
などの配慮が必要のようです
知らなかった!
次回からはもっとうまく立ち回れるね!

そしてここからは熱いうちに軍手を使って作業していたので
全然写真がない、すみません…

不安を抱えながらも加熱、カット
エポパテは、加熱すると柔らかくなるタイプもあるらしいですが私が使っていたのは全く柔らかくなりませんでした

温められたスカルピーはある程度の柔軟性を持っているので何度かグニグニして、中に埋め込まれていたエポパテを引っこ抜きました
針金は短くカットしました

なんとか芯を取り除くことができたものの
何度か加熱と冷却を繰り返し、グニグニしたせいでところどころに亀裂が発生
もともとくっついていたはずの上半身と下半身も、合わせると隙間が空くようになってしまいました

エポパテを取り去った空洞を再度スカルピーで埋めたものがこちら
なかなか前途多難!

img_1219

2つのブログランキング参加しております!皆さまの応援が命綱!よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ

 

 

COMMENTS

  • もなたろー、だって猫だもん

    フクマル様、こんばんは。
     連休もお仕事だそうで大変ですね。天気が悪ければ、仕事でも我慢できますが、この五月晴れではちょっと恨めしいかも…。

     ところで、第二弾がもうできているんですね。今度は服をまとっているようなので、塗装されるのがより一層楽しみです。

     でも、型割りでお悩みの御様子。コートをウエストあたりで背中側から締めているので、そのモールドを表現するためには、前後の型にするしかありませんね。でもそれだけでは、シャツの襟の上の ふさふさ が潰れそうですし、気泡もできそうです。
     そこで、首から上の頭部を別パーツにし、さらに、コートの襟の後ろ部分を別部品にすると襟と首の隙間も表現でき、良いように思います。(御免なさい。図示せず、文で表現するのには限界ありますね。分かりにくくてすみません。)

     体を上下に分けブリーチズ(ズボン)部分を別にしたのは良かったと思います。これで、コートも綺麗にレジンが流れると思います。

     右腕は隙間があるので、もともと別部品でないと無理ですが、左腕は手首だけ別にすれば大丈夫にも思えます。

     また服が重なった部分は気泡溜まるかもしれません。こういうところは、真空脱泡器ないと苦しいかもしれません。尚、真空だっぽうきは、7万円以上するのでメーカーになる気ないと買うのは大変です。そうかと言って、プロにお願いするとびっくりするような価格になりますので、結局、自分でやって抜きやすい型にして妥協するのが上手くいくやり方に思えます。

    • アリス

      もなたろー、だって猫だもん 様
      ご無沙汰しております。
      ブログの更新が滞っていて申し訳ありません。

      首での分割ですが、襟の上から切る事ばかり考えていて、上手くできる自信がありませんでした。
      コートの襟と身ごろのラインで分割するのが良かったですね!
      今の型が使えなくなったら、次はそうします!

      シャツのふさふさは、念の為別パーツで作りました
      小さいパーツなので、それはそれで難儀しましたが、立体的な仕上がりになることを期待して…

      真空脱泡機は、さすがに手が出せませんね
      圧力鍋で代用するという方法もあるみたいですがどうなんでしょう…?

  • ヒガシ

    |Φ)ノ ガンバッテネ

Leave a Comment