おすわり猫さん⑤

こんにちは、フクマルアリスです
今日は猫の複製、最終回

前回、シリコンで型を作りました
硬化剤が少なかったのか、ぶよぶよだったシリコンも予定以上の時間経過と共に何とか硬化
ブロックと原型を外して、確認します

油粘土が残っていることがあるのでつまようじなどできれいに取り除きます
注ぎ口からレジンを流す上で
どう考えても気泡が残ってしまう(レジンが回り込んでくれない)のは
前足、お尻のあたりですね
それから不安が残るのは耳、しっぽ、です

前足の注ぎ口をカッターナイフで削り通り道を広げました
お尻の底と太ももの付け根にカッターナイフで空気の通り道を作りました

しっぽの注ぎ口も漏斗状にしました
注ぎ口と反対側の先端に空気の通り道を開けています

img_1101

ここでベビーパウダーの登場です
前足、耳、しっぽを中心にベビーパウダーをはたいておきます
ベビーパウダーがレジンを細部まで引き込んでくれるんだそうです
小さめの乾いた筆ですくって刷り込みました

それでは早速レジンを流します
私はWAVEの180秒硬化タイプを使っています
少し古いせいか、硬化にすごい時間がかかるの
でもおかげで急がなくていいから私にちょうど良かったかも

型を極太輪ゴムで留めてレジンを流します

計量カップに同じ重さのA液、B液を量ったら
‘もや’が無くなってきれいな透明になるまで静かに攪拌
型に注いでいきます

写真を撮るためにきれいな台の上に載せてますが
汚れてもいいトレイの上で作業するのが良いと思います

img_1096

少しずつレジンを滴下して、空気穴からレジンが出てきたところで注ぐのを止めます
硬化するとレジンが白くなるので分かりやすい

型から取り出して完成
にゃっ!

img_1100

予想以上にきれいに抜けて満足じゃー

img_1099

どれどれ、早速ひとつ塗ってみましょう!

2つのブログランキング参加しております!皆さまの応援が命綱!よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ

Leave a Comment