トヨタ2000GT⑯

こんにちは、フクマルアリスです
今日はトヨタ2000GT

トヨタ2000GTの記事はこちらから→

細かなパーツの塗り分けの続きをしています

こちら、黒っぽいメタリックと言う事なのですがどんな色なのか想像がつきません
排気口だと思います
こんな感じでいいのかしら?

img_0062

ライト
メッキパーツなのですが外側の大きいライトの内側は黒で塗りつぶしです
この上からさらにクリアパーツがかぶさるので
多少雑でもばれないですよね
筆でささっと塗ってしまいました

img_0063

充分だよね

img_0086

クリアパーツの接着はこちら使ってます

めっちゃ使いやすいし曇らないのでオススメ!

今回ご紹介のキットはこちら↓

2つのブログランキング参加しております!皆さまの応援が命綱!よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ

COMMENTS

  • もなたろー、だって猫だもん

     フクマル様、こんばんは。朝晩はとても寒くなってきて冬眠したい気分ですが、フクマル様は元気に模活をしていらっしゃるようで何よりです。

    その部品(K7,K8)は、フクマル様がご推察のとおり、排気管です。市販車の2000GTでは、排気管の前の方の部分は、耐熱黒色塗料が塗られていて、後端部には消音器(マフラー)がついていて、その消音器部分はクロームメッキがかけられていました。排気管の材質は前も後ろ(消音器)も鉄です。(現在は、鉄は錆びるので、ステンレス管を売っているアフターマーケットパーツ屋も多いです。オートバイではさらに高価なチタン管というものもあります。)そして、レース車両の2000GTは、実車が既にないので正確には分かりませんが、一般的には、排気管は無塗装のままか耐熱黒色を薄く塗っただけのはずです。(当時でも、耐熱白色、耐熱銀色というのもあり、昔のF1やアメリカのレース車両などにはそれらを塗っているのもありました。塗った理由は目だってかっこういいからなのか、白色だとクラックが入ってもすぐに分かると思ったからか分かりませんが塗られていました。でも、間も無く耐熱黒色か無塗装または耐熱クリアに変わったので、それらの効果があまりなかったということなのでしょう。
     多くのメーカー直属のチーム、つまりワークスは、昔は、排気管ひとつにしても、良いものを選定するために、いろいろな形のものをいっぱい作って実際にテストしていたため、いちいち色を塗っている時間ないし、排気管にさらに改造を加えようとするとき、色を落とさないと溶接ができないなどの不都合があるし、1レースもてば良いし、たとえ、少し錆びても性能に関係ないので排気管をいちいち塗装などしていませんでした。塗ったとしても、耐熱黒色を薄くスプレーしているくらいです(グラム単位で軽量化するレース用車両では、塗料の厚さもバカにならない。)。

     ハセガワの組み立て説明書にある「焼鉄色」が何を意味するのかは、判断が難しいところです。何故なら、市販車バージョンの説明書も、レースバージョンの説明書も、排気管は、どちらも「焼鉄色」と指定されていたと思うからです。しかし、市販車の排気管は耐熱黒塗料が塗られているので、本来ならば「つや消し黒」を指定するべきです。それなのに、「焼鉄色」が指定されているとすると、この「焼鉄色」は、耐熱黒色とも、無塗装で酸化して錆びる直前とも、解釈できてしまうことになります。う~ん、どっちなんでしょう?

     私でしたら、レース用車両なので無塗装と信じ、排気管の焼けを再現するため、まずは銀色を塗ります。(「排気管  焼け」と画像検索して下さい。どんな色合いか分かります。)排気管は曲げたところと溶接したところには熱がたまるのか、変色します。。クリア・オレンジとクリア・ブルー、そして、⑤番の青で、その状態を再現できます。でも、焼けを再現しても、模型をひっくり返さないと分からないので無駄な努力かもしれません。

     結局のところ、本当のところは今はもう分からないでしょうから、ハセガワ指定の焼鉄色を塗っていれば、間違いと指摘されることはないのではと思います。

    …とここまで書いて、突然、アメリカでレースに参加するため、キャロル・シェルビーに預けた2000GTのレース車両がアメリカに現存していたような気がしました。いつ見た写真なのかも思い出せませんが、排気管、つや消し黒が退色して、白っぽくなったような色だったような気がします。とすると、耐熱黒をかけてあったのかな?? 

    • アリス

      もなたろー、だって猫だもん 様
      こんにちは
      実は先日の低気圧で頭痛(いわゆる片頭痛です)が出てしまい、この週末は寝込んでおりました。
      もなたろー様も無理しないでくださいませ!

      排気管は箱絵を見るとどうもメッキのような感じがするのです…
      どうも自分が塗ったパーツに違和感があるのですが
      ほとんど見えなくなる部分なのでこのまま横着してもいいかな、とも思っています。
      余談ですが1月に2000GTの1967鈴鹿500kmレース優勝車がでるらしいですが
      この画像を見るとまさに、焼鉄色ですね。
      いつもながらもなたろー様のお話、幅広い知識と考察、興味深いです。
      ありがとうございました^^

Leave a Comment