ブリティッシュクルセーダー

こんにちは、フクマルアリスです
こんなに手を広げて大丈夫か?という不安にさいなまれながら
新しいキットに着手しております

イギリス クルセーダーMk.3 対空戦車Mk.3

img_8426

細かい情報は一切なし!
先日イベントでいただいたのです
これは作らなければ!!

パーツが小さくて難儀しております
1/48ってこんなに細かいんですね

img_8427

箱には「重量感あふれるダイキャストシャーシ採用」と書いてありました
シロウトのアリスにはなんのことかさっぱりわかりませんでした

img_8428

箱から出してみて初めて納得
金属でできてるんですね!
ずっしりしてるし、ちょっとお高いキットなのもうなずけます

img_8429

問題の履帯
後からハメた方がいいよ、とも聞きますがこんな小さいの!
後からハメるなんて絶対無理だわ!と観念して手順通り作ることにしました

img_8431

本日紹介したキットはこちら↓

2つのブログランキング参加しております!皆さまの応援が命綱!よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ

COMMENTS

  • もなたろー、だって猫だもん

    フクマル様、こんばんは。

     今度は、AFVの世界へ戦線拡大ですか!そして、普通ならば、タイガーかパンサーか悩み、でもナチスが厭だったら、シャーマンを選ぶと思うのですが、何故か、クルセーダー。しかも、対空戦車とはマニアック…と思いましたら、頂き物だそうで、それならば、納得です。

     亜鉛合金のダイギャストの理由は、これからの時代、作る人はいなくなるだろうから完成品販売に活路を見出そうとしたからだそうです。でも、1/35の完成品では高くて売れそうにないので、1/48にしたみたい。そして、ミニカーのように重さがある方がありがたみがあると思ったのでしょうね。しかし、シャシー部分に欠点があったりしたら、金属なので簡単には直せないし、サスペンションがシャシーと一体のため、転輪が不整地で上下しているところを再現できないので、戦車モデラーにはとても不評です。

     それから、数年前までは、転輪も履帯も接着できるものは全て接着してしまい、最後に塗装するというのが、戦車模型の作り方でしたが、今は、接着すると後から塗りにくい転輪と履帯ははずして塗装するのが主流みたいです。数年前までの塗り方では、転輪のゴム部や履帯の裏は、後では、筆が入らないとしても、そこは見えないから大丈夫と考え、土ぼこりを再現してしまえば分からなくなるとしていました。今はそこまで極端ではないですが、できるだけ組み立ててしまう点は一緒で、履帯に転輪を全て接着してしまい、戦車本体の基本塗装後に履帯と転輪がひとつになったものをくっつける作り方をしているようです。でも、クルセーダーは、サイドスカートがあるので、その作り方はできないですね。

     フクマル様はどのような手法で塗装されるかが今回楽しみなところです。今までいろいろな塗装法を、戦車モデラーの人たちは考案してきましたが、最近の主流は、色の塗り重ねなので、これは、フクマル様のお好きな分野と思われるので、なお期待が高まります。

     人形も出来良さそうですね。最近はタミヤでも原型師が彫るのではなく、人間に服を着せて3Dスキャナーでデータを取るそうなので、だんだんメーカーの個性がなくなりそうで寂しいと言えなくもないです。
     これだけ人形の出来が良いと地面も欲しくなりますね。箱絵のThe Princess号、ノルマンディー上陸作戦の次の日、上陸地点近くで撮影された写真があるので、戦車揚陸艦から出て、砂浜の海岸に上陸しているところだけでも立派なジオラマになりそうですよ。

    • アリス

      もなたろー、だって猫だもん 様
      こんばんは!
      モンモデルのシャーマンがかわいらしくて作ってみたいなーと思っていました。
      しかし、こちらはご縁があっていただいたキットなのでこれはこれで運命を感じます。
      ダイキャスト、私はホケホケすごーい!と喜んでいましたが、確かにジオラマにする場合には欠点となりますね。
      履帯は後から、とはよく聞きます。
      クルセーダーの場合はどうすべきだったのかわかりません。
      今回は全部組んでしまいました。
      戦車の塗り方はよくわからないのでスターウォーズのAT-ATのような塗り方にしようかなぁと考えています。

      人形は5人作れたのですが1人は不要部品扱いになっていました、かわいそう!
      精巧に出来ていると感じました。3Dスキャンしているのですね!
      砂浜、海岸!素敵ですねー!
      技術がついてこないのが辛いところであります。

Leave a Comment