R390 GT1⑮

こんにちは、フクマルアリスです
今日はR390 GT1のデカール失敗部分総集編です

まずはこちら、最新のミス
aの右上が剥がれてしまいました
内側を塗装しようとしてマスキングテープを貼って、剥がしたときに一緒にメリっと

img_6581

ホワイトで補修、上からクリアをかけてごまかしています
よく見ると白の色合いがちがうのでお分かりになるかとおもいます

続いてこちら
グラデーションのデカールをやぶってしまったので自力グラデです
よく見ると曲面はムラがでています
黒と赤の境界もガタついてしまいました

img_6583

続いてこちらは21の1の下にホワイトが塗られています
デカールが浮いていてそこだけ色が違うようにみえたので塗ってしまいました
この後のクリアを重ね吹きで目立たなくなるので完全に蛇足でした

img_6582

ホワイトを塗ったせいで表面がガタガタになってしまいました

続いてこちら
曲面にデカール2枚重ね貼りしなければいけない部分
デカールが密着していなかったようで、亀裂、剥離
こういうきつい曲面てどうしたらうまくいくでしょうか?
どなたかおしえてくださーい!

img_6584

そしてこちらは一番古いミス
デカール貼って乾かしている間にずれてしまって気づいた時にはぴったりくっついてました

img_6585

本当は真横に貼るのですが、斜めになっちゃった
可能な限り修復してこれが限界でした

こうやって見ると失敗だらけですね
次車作るときはもっと上手に立ち回りたいものです

現在製作中のキットはこちら↓

2つのブログランキング参加しております!下のバナーをクリックしていただけるととてもうれしいです
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ

COMMENTS

  • 曲面にデカールを貼る時はデカール軟化剤を塗れば曲面に追従するようになります。
    ただ、軟化剤はデカールがフニャフニャになりすぎてかえって貼りにくくなってしまう時もあるのでご注意。
    そこで、ドライヤーを使うという手もあります。
    デカールは熱が加わると柔らかくなる性質をもっているので、目的の場所にデカールを置いたあとドライヤーで温めると次第に曲面に馴染んで来ます。
    ドライヤーの風をあてると当然乾燥していくので、事前に少し水を多めにつけておくのがコツ。

    • アリス

      青22号さん
      コメントありがとうございます!
      マークソフター、マークセッターともに持ってますが使いこなせなかったです、あうぅ
      ソフター使っても曲面で浮いてしまったり
      やわやわになって亀裂が生じたり…でした
      回数こなして慣れるしかないですよね^^;
      ドライヤーは試したことなかった!
      次は使ってみます!
      ありがとうございます!

Leave a Comment