ふくせい! 準備編①

こんにちは、フクマルアリスです
今日は密造(!)についてです

密造、といいますか複製ですね
例えばパーツをクリアー化したい時
例えばパーツを壊してしまってやり直したい時
パーツの複製技術は様々な場面で使えます
勿論同じパーツを何個か使用したいという場面が一番多いですね
改造したいけどうまくいくかわからないのでコピーを取ってから手を加えるような状況です

パーツの複製に関して著作権などの問題があるかどうか、なのですが
完全に個人で楽しむ場合のみOK、というのが一般的な認識のようです
当然ですが複製した物を人にあげたり、ましてや販売したりするのは厳禁です

複製した者はひっそりとお家で楽しんでくださいね

おゆまるを使った複製の作り方もありまして
ブログなどにまとめている方がたくさんいらっしゃいます
アリスもおゆまるに透明UVレジンはこっそりやってみたことがあります
その時はUVレジンが足りなかったのと流し込みがうまくいかなかったので
今回はしっかり材料を揃える所からはじめたいと思います

まずはレジン ¥3000前後
img_5561

ウェーブのレジンを購入しました
硬化時間が長い方が作業がしやすそうだったので180秒硬化タイプを選びました
ウェーブのレジンに関してですが、複数あります

キシレンタイプは120秒硬化、流動性が良い、アイボリーのみ
ノンキシレンタイプは120秒硬化がアイボリー、グレー、ホワイトの三色展開
同じくノンキシレンで180秒硬化はアイボリーのみ

キシレンは「匂いがきつめ、その代わりに流動性が高い」といわれているようです
だからと言ってノンキシレンが無臭かというとそうでもないので臭いについては好みによりますね
キシレンが塗装の妨げになる、という記事も見かけましたが詳しくはわかりませんでした

レジンは2液混合することにより硬化します
2kgタイプは1液、2液がそれぞれ1㎏ずつ入っていることになります
2㎏タイプも1㎏タイプもそこまで値段が変わらないので2㎏にしました

 

それからシリコンゴム ¥3000前後

img_5562

クレオスの型取り用シリコンを使っている方が多いみたいです
それと信越化学のものの評判もよくききますね
その他メーカー各社からも型取り用シリコンが販売されています
アリスは耐久性よりは扱いやすさ、そして値段も手ごろだった旭化成を選びました
大体1㎏入りで硬化剤セットで3000円前後
グレードがよいものだともう少し高いものもありました
さて、うまくいくのでしょうか?

ホームセンターにある変性シリコンゴムは結構安いので使えないか色々調べてみました
ホムセンの目止め用シリコンには接着剤がまざっています
模型の複製に使おうとすると接着剤が入っているので剥がしにくいそうです
それから質感がモッタリ、ベタベタしていて気泡が入りやすいそうです
変性シリコンは盛り付けしやすいようになっているんですね
流用できなくはないけど、トラブルが多くなることが予想されます

さて、ここまで資本を投じたからには成功させなければいけませんね

おゆまるとUVレジンを使った複製の作り方はこちらをクリック

2つのブログランキング参加しております!一日一回下のバナーをクリックお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ

Leave a Comment