借りてくる猫の手

こんにちは、アリスです
今日の話題は「持ち手」についてです
持ち手は「ペインティングクリップ」とか「猫の手」とかで検索すると出てきます
プラモデルをするうえで、持ち手は絶対不可欠!
筆塗りでもエアブラシでも持ち手やスタンドはないと不便ですね

持ち手は自作もできます

というか最初は自作してました
目玉クリップに割りばしを通しただけのものです
そのままだと穴に入らないのでカッターでちょうどいい太さに削って刺しています
s__23511044
発泡スチロールの箱に穴をあけてさして使っていました

大きいパーツには目玉クリップが最適ですが小さいパーツは持てる部分も少ないのがネック
逆に大きすぎると重さによってはくるっと回転してしまったり
重心が偏っているので重たすぎるものも不向きなんです
とにかく若干の使いにくさを感じたので市販品を購入しました
最初に購入したのハイキューパーツのこちら

ワニ口クリップを100均で購入してきて竹串と組み合わせて自作している方もいますね
グルーガンなどでしっかり固定すると使いやすそうです
しかし、アリスはこのとき急ぎの事情があり市販品を買ってみました
これ、すごくいい!
市販品ってやっぱりしっかりしているな!と思わせてくれた商品です
ぐらつかない!
自作はとことこしたりすることがあってストレスになるんですよね
ワニ口ですがちょっと変なつかみ方をしてもきっちりホールドしてくれます
持つ部分が小さい場合にはこれはかなり大事なんです

しいてあげる残念ポイントは棒の部分が細くてつるっとしているところです
つるっとしていると滑ることがたまーにあるので

そこで、最近購入したのはこちらです

これは棒の部分は木でできているので滑りにくい
今使っているスタンドにちょうどいい太さで倒れにくい
という長所がありますが
肝心のクリップが何個か、すぐに壊れてはさめなくなってしまいました
棒はすごく良かったけどリピートはしないでしょう、ごめんなさい…
とはいえ、使い心地は悪くないですよ
割りばし自作と、ハイキューパーツ、猫の手以外にもものによっては
両面テープ+竹串
3Mの強力テープ+割りばし
瞬間接着剤+つまようじ
など家にあるもの色々使ってます

以前は発砲スチロールの箱をベースにしていた、と書きましたが現在はこちらです
img_4357
100均の猫の爪とぎ板!
マスキングテープで補強して2個用意しています
勿論きちんと製品化されたものがたくさん販売されていますよ

2つのブログランキング参加しております!いつも応援して頂き感謝しております
よろしければ今日も1クリックお願いします

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

模型・プラモデル ブログランキングへ

Leave a Comment